20190913111047.JPG

TRATTORIA PIZZERIA

polipo

 

20190913110523.JPG

polipoの山川オーナーが、珍しくSNSでもアピールしている、

究極の神経締めと血抜きを施した魚が旨いと、ウワサになっている。

島育ちの私としては、これは食べてみんといけん〜 と

思っていたら タイミングよくお誘いがあり、いざ出陣〜

 

 

 

20190913111108.JPG

まるでアジの開きのように. 笑 真っ二つになった真鯛。

船の上で神経締めと究極の血抜きをしてから、冷蔵庫で

熟成したもの。 これで 1週間ほど経っているらしい、

透明感のあるキレイな身だった。

シェフに勧められて、鼻が身につくほど匂いを嗅いでみたけど

これがぜんぜん魚臭くない! 生臭くないのよ〜 

ほのかに甘い刺身の香りが残ってる程で、びっくりだよ。

 

 

 

20190913111128.JPG

あのシェフが珍しくうれしそうに説明してるのが、見ていて

面白かったけど. 笑 10日間ほど熟成させたのが 1番美味いらしい。

 

 

 

昔、島のいとこが土橋で「あかせ」という料理屋をやっていて

珍しい瀬戸内の珍味を出す店として、一時流行っていた。

彼は漁師だから、江田島付近で釣った魚や、潜って獲った魚貝類を

お店で出していた。注文が入ると刺身用の魚は、足元にある

大きなクーラーボックスから取り出して捌いていた。

ほとんどの魚は海の上で神経締めをして、内臓を取り出してから

熟成させていた。 この時、思い出したけど

あかせは言っていた「 船の上で釣りたての魚を捌いて

刺身で食べたら美味しいというの、ありゃウソじゃけん〜

釣ったらすぐ締めて 寝かしてから食べんにゃ〜 」と. 笑

 

もちろん魚にもよるけど、魚介類料理は特に定評のあるポリポ、

その山川シェフでさえ驚いて、とことん入れ込んでいるのが

この方法で処理された魚たち。

 

 

 

 

20190913111148.JPG

まずはカルパッチョ、というよりこれは刺身だね。

シェフ曰く、そのまま食べてみてくださいと。

 

もちろん美味い・・・ でも身が甘いとか月並みな評価を

凌駕するほど、とにかく白身の味わいが濃い。

なんか噛んでいると、肉食べてるような感覚になる。

まるでスモークしたような香ばしさと香りを感じるし、

この皮がまた美味い・・・ まいったなこれは。

 

 

 

20190913111207.JPG

居ました. 笑 ポリポといえば村山氏。この鯛ミングで. 笑

ポリポで再開できるなんて、うれしいですね〜 

去年の「 さくらぐみ 」がとてもなつかしい。

 

 

20190913111224.JPG

前菜は美味しいタコと豆、生ハムモッツァなどいただいて。

 

 

 

 

 

 

20190913111244.JPG

メインもとうぜん鯛です、シェフオススメのアクアパッツァ。

 

 

20190913111312.jpg

もちろん美味いんですよ、今まで食べたアクアパッツァの中でも

1番だと思うほど。 やはりこの身がすごい。

この鯛のアラで出汁をとり、野菜など加えずちょっとだけ

隠し味を利かせてある。

このプチトマトも、単なる色合いではなくシェフならではの

計算とこだわりがありましたね。  これもう一皿食べたかったなぁ. 笑

 

 

 

 

 

20190913111328.JPG

 ん? ここで美味しそうなカルツォーネが出て?

 

 

20190913111344.JPG

待ちかねていた藤井さんが出張から帰ってきました!

これで役者が揃いましたね。

 

facebook.com  masami.fujii.33

 

 

 

 

 

20190913111400.JPG

さて〆はパスタ、じゃなくてなんと

究極の神経締めと血抜きをした鯛ラーメン!

 

もうね、美味しいとか究極とか、書くのはやめよ. 笑

一つあげるなら、出汁と麺の絡み具合が食べたことのない、

国内新記録でしたよ。

この出汁を味わっていただくために、ラーメンにしたそうです。

素材はすべて厳選していて 、麺は岡山の富士麺ズ工房の

特注特製オーダー! 野菜も生キクラゲも、この器もレンゲも

わざわざ探したらしく、こだわりがハンパない。

 

じつはこの 3日後、このラーメンが食べれるイベントを

1日限定で開催するので、ここでまさか食べれるとは

なんて運がいい〜 というか、毎度シェフの粋な計らいと

村山さんのおかげですが. 笑 感謝。。。。

 

 

 

 

 

 

20190913111441.JPG

 

 

 

20190913111422.JPG

ピッツア窯で焼いたおにぎりとカラスミです。

このためにわざわざ、おにぎり型まで買ってましたよ.笑

 

 

20190913111511.JPG

それを残しておいた出汁に溶かしながら食べる。これはもう

出汁茶漬け? すごいなぁ〜

カラスミでさえ出汁に負けているようだ。

最後の一滴まで呑み干して、ごちそうさまでした。

 

いつかまたもう一度、

食べてみたいね・・・

 

 

 

 

20190912164257.JPG

MARIO DI MARE

先日撮影したマリオディマーレへ。MARIO マスター(会長)より

写真のダメ出しで再撮となった。トホホ。

さて店長と入念に打ち合わせしてからの、

 

 

20190912164212.JPG

美味しそうなアーリオも作ってもらって、

 

 

20190920123225.JPG

なんとパエリアも仕込んでもらって、

 

 

20190912164237.JPG

今回はリゾートでのパーティ風に、テーブルにてんこ盛りで撮影。

美味しそうでしょ、楽しそうでしょ。

 

 

20190920123305.JPG

さてこれがどんなデザインになるのやら。

 

 

 

20190920123246.JPG

あ、ついでに先日リニューアルした、ドレッシングボトルも

ちゃっかり撮っておいて。

 

 

 

 

 

 

 

20190912164324.JPG

ここは外のテラス席も人気、気持ちいい〜 宮島も目の前ですね。

 

 

20190912164344.JPG

やっといい季節になってきたね。

 

 

 

20190913110653.JPG

撮影もスムーズに終わり、またランチでも食って帰るべ!と

思ったら、店長がスタッフさんたちの仕事風景もついでに

撮っておいてくれと〜 仕方ないな〜. 笑

 

 

20190913110828.JPG

でも、飲食で働くスタッフさんたちを撮らしたら

誰にも負ける気がしない. 笑 それぐらい撮っていた、

25年は前から。 仕事でもプライベートでも。

 

だからファインダーを向けるとすぐわかる、そのスタッフさんが

仕事できるか、できない人か。

飲食向いてるか、向いてないかぐらいはわかるもの。

こうして写真に写るものは、すべて真に有るもの。

真を写す 、「 写真 」ですからね。

 

 

20190920123333.JPG

特にこんなしぐさやポートレートが大好きなんよ。

 

 

 

 

20190913110710.JPG

キッチンのお姉さんがこれまたいい動きだったね、 

ちょっと苦労人っぽいけど、ちゃきちゃきとこなす、

素敵な仕事っぷり。

 

 

20190913110730.JPG

しかも着ていた Tシャツが泣ける。これは30年以上前の

SAN MARIO時代のユニフォーム、なんとデッドストックらしい。

私がバイトしていた 32年前には、もうこれはなかったので

すご過ぎるよ。

 

懐かしいロゴ、このデザインを見てバイトを決めたぐらい

いいお店だった。

 

4店しかなかった地獄の SAN MARIO時代. 笑

 

 

 

20190913110749.JPG

現在、マリオディマーレの店長は MARIOの申し子、イッペーだ。

相変わらずだなと思いつつ こうして撮ってみたら、いつの間にか・・・

 

え〜オッサンになったな. 笑

 

 

 

 

20190913110634.JPG

この美人スタッフさんも、シャープなホールサービスでいい感じ。

 

 

 

20190913110808.JPG

でもなかなかちゃんと撮らせてくれない。となると

こちらも意地になる. 笑

 

 

20190913110847.JPG

自然なシーンを狙って、お客さまにも気づかれないよう

さりげな〜くよって撮り、すぐ逃げる。

 

 

 

 

 

20190912164151.JPG

 

 

 

 

20190912164029.JPG

こちらはうちの天然素材、スタッフ鈴木さん。おつかれさまでした!

さてランチして帰りましょ。

 

 

 

 

 

20190904182708.JPG

イリガン珈琲店

長〜いお付き合いのお客様、三原のカフェ Jamさんのご依頼で

こちらで撮影に。 この深煎りの珈琲、美味しい・・・

ケニアかエチオピアだったかな? ここの濃いのはねもう、

コーヒーじゃないみたいな、果実感がすごい。

 

jamnezumi.blog.fc2.com/blog

 

 

20190904182958.JPG

16時過ぎ、小腹が空いてたのでバタートーストをペロリ。

シンプルで定番なものほど、素材が出るね。めちゃ美味しい。

 

 

20190904192104.jpg

店内も洒落っ気も飾り気もない、でも居心地はとてもいい。

 

 

20190904192121.jpg

もう2周年なんだ。

今時オリジナルデザインの箱入りオーダーマッチを作って配るなんて

ここはシャレが効いてるな. 笑

20年前はお店を開店させる度に、オーダーマッチをデザインして

納めていた。懐かしいなぁ。

 

 

20190904183016.JPG

チープで無機質、昭和喫茶店のような看板がよく似合う。

元は雑貨屋さんだった店舗を、居抜きでうまく活かして

内装デザインしている。

 

 

 

 

 

 

20190904191621.JPG

さて打ち合わせして後日、珈琲焙煎の撮影に。

煙がすごいらしいので、閉店後 18時半より始まった。

 

 

20190914192055.JPG

見慣れないけどロースターは富士珈機製、珈琲の焙煎機としては

もっともポピュラーなものらしい。

火を入れて、ロースターが温まるまで待つこと15分。

 

fujiko-ki.co.jp

 

 

20190904191640.JPG

熱が入ると一気に豆を投入〜  この小窓の中でぐるぐると回しながら

焙煎され、ゆっくり色付いていく。

 

 

20190904191722.JPG

でも後半は一気にあの珈琲色になっていき、オーナーが豆を

チェックする度に、なんとも芳ばしい香りがグッとくる。

 

 

20190904191739.JPG

このあたりになると、もう秒刻みでチェックしていて

仕上げのタイミングを見極める、緊張状態に。

 

 

20190914192306.JPG

同じ産地、銘柄の豆でも とうぜんながら毎回焙煎は変わるもの。

生豆の品質や状態、気温や湿度なども考慮して

焙煎する温度とかける時間を決める。

それはもちろん経験から見極めてるのだけど、オーナーは毎回、

焙煎した豆のデータをすべて記録しているそうだ。

 

まず同じ豆の過去のデータを見てから、その日の焙煎を決める。

それはこの仕事を始めてから、ずっと欠かしてない。

 

 

 

20190904191831.JPG

 

 

 

20190904191857.JPG

もう出しますよ! フタを開けると豆が一斉に流れ込み

すごい煙でこの写真の後、店内は真っ白に. 笑  この煙で

火災報知器が鳴ったこともあるとか、なので焙煎はお客様が帰った

閉店後にするしかない。

 

超香ばしい芳醇な香りにカメラごと燻されて、幸せな一瞬だった. 笑

 

 

 

20190904191924.JPG

豆をかき混ぜながら、ゆっくり冷ましていく。

 

 

20190904191950.JPG

けっこう深煎りに見えたけど、これで中深煎りだとか。

 

 

20190904192011.JPG

ここでも何度と手にとってチェックする。納得のいく仕上がりに。

どんなにいい豆を仕入れても、焙煎しだいだと・・・

 

 

 

20190904192036.JPG

エチオピア産の中深煎り。

オーナーから出来立ての豆を 店舗で出す時の 2杯分いただいた!

ありがとうございます。

 

後日、事務所でゆっくり淹れてみると、

かなり好みの香りと味わいで、幸せだったね・・・

 

 

20代のころ、よく見栄張って 高い珈琲豆、買って

マンションで一人、わかったげなツラして飲んでいたの

思い出した. 笑

 

 

 

 

20190827202447.JPG

O A S I S

hair mode 

府中の美容院、オアシス・ヘアモードへ。 4年前の開店仕事で、

ロゴデザインとサイン類・店内ディスプレイなどさせてもらった。

 

ezuyalan.com oasis-hair-mode.

 

 

20190827202642.jpeg

オアシスさんとは20年来のお付き合い。 4年前にビルを建てて

移転してきたけど、その建設会社が店舗まで設計施工した。

それが最悪の始まり〜 まぁよくある話で、建物と合わせて店舗も

創れますよ〜 なんてゆう、建築屋やハウスメーカーなどが

施工してまともな店、出来た試しがない。

オアシスさんも類に漏れずその被害者で、開店前から問題が

多数発覚。こちらで何度か補修施工させてもらった。

 

今回はそんな以前から懸念していた、店内の壁面補修とペイントに。

この写真でもわかるように、壁に幅木(壁の床に接する部分に貼る

横板、靴などで傷がつくのを防ぐ)が付いてないため、

壁のコーナーがボロボロになって、このままだと かなりヤバイ。

 

 

20190827202710.jpeg

柱もコンクリ打ちっ放しに 薄〜い塗装仕上げ、傷が目立つ。

 

 

 

 

20190827202858.jpeg

補修としてはまず幅木をつけ、傷がつきやすい壁面のコーナにも

同じ板で補強する。とはいえ予算もないので、壁材用の杉板で施工

什器と合わせてオイルステイン仕上げのみ。

 

 

20190827202928.jpeg

傷が目立つ部分をペイントで隠し、今回は樹々のだまし絵を描く。

また傷がついても、目立たせないための苦肉の策。これでも考えて

3案出したけど、やっぱり予算と手の内がバレてるので

うちが得意なペイント案になったのね. 笑

 

 

 

20190827203105.jpg

今回はスタッフ鈴木さんにも描けそうな部分は、トライさせてみた。

 

 

20190827203133.jpg

デスクでデザインするのと違い、現場で直にペイントするのは

資質というか、向き不向きがストレートに出る。

鈴木さんは指示したことをソツなくこなすし、早い。

 

でもこの後、大失敗をやらかす、しかもこれで 2度目。

仕事を大いに増やしてくれたな. 笑

 

 

 

 

20190827202953.jpeg

さてオアシスの下、1階はお客様の駐車場。

オアシスのファサード、マンションの入り口からこの駐車場まで

なぜか艶消しの黒一色で、これがなにかと支障を来す。

この駐車場もバックで入ると最悪、壁面との距離感がつかめず

マジで停めにくい。そこでこれも追加ペイント仕事になった。

 

 

20190827203013.jpg

バックモニターでも見えやすい位置に、表示用ラインを施すことに。

 

 

20190827203036.jpg

ロゴはすべて鈴木さんがペイント。 この日はとても暑かった。

 

 

 

20190827203311.jpg

現場での施工や、閉店後のペイントとなると残業になるので

仕事終わりに食事する。遅い時間になると大手チェーンしか

やってないから、この日はカツ丼ね。

 

 

20190827202837.jpg

丸亀でうど〜ん。去年を思い出して、大島さんに写メール. 笑

 

 

20190827203638.jpg

最終日はなんと吉野家! もうね、なん年ぶりか? 

おそらく5、6年は記憶にないけど、ずいぶん変わってたね。

 

 

20190828154130.jpg

私が食べた鯖の炙り焼き定食?は旨かった〜 テーブルに

料理持ってきて、目の前で鯖をバーナーで炙るパフォーマンス!

いろいろ工夫してやってんだね〜 感心。

 

 

 

 

 

 

 

20190827203512.jpg

いよいよ最終仕上げに。 オアシスのスタッフさんから要望で

猫と鳥を描き足すことに。

 

 

20190827203539.jpg

どうも鳥を描くのは苦手。

パルコさんみたい、鳩ならいいのに. 笑

 

 

20190827202559.JPG

 

 

20190827203718.jpeg

ベタですが「幸せの青い鳥」で、お店が繁盛しますように。

 

 

 

20190827203830.jpeg

左の柱にも飛んでますよ。

 

 

 

 

20190828161258.JPG

 

 

20190827203933.jpg

さて猫はこんな感じに、イタズラしそうな黒い子猫ちゃん。

 

 

20190827203606.jpeg

ほとんどシルエットで、動き出すような緊張感を持たせて。

 

 

 

 

 

 

20190828155507.JPG

店内はほとんど、ナチュラルカラーと黒でコーデされている。

 

 

20190827202521.JPG

普段から物やスタッフが触れたり、当たったりして汚れてた部分に

樹々や葉っぱをたくさん描いて、ガードするように。

 

 

20190827204251.JPG

いったん完了。お疲れさまでした〜

では完成はこちらから。

 

ezuyalan.com oasis-hair-mode

 

 

やっぱり GREENは絵画でも、どこかしら

人を癒す効果が出るね。

 

 

20190828165701.jpeg

CURRY INDIA

TABLA

元はグラマーペインの離れで工房だったところが、インドカレーの

タブラとして開店。 福山で人気のインド料理店で、2号店になるらしい。

グラマー岡田さんを通して、ちょっとお仕事いただいたので

さっそく納品かねて実食〜 これはいいです!美味しい!!

福山から出店するのも納得ですよ。

 

 

20190828165642.jpg

ドリンクセットでマンゴーラッシー旨し。

 

 

 

20190828165727.jpg

お仕事はこのユニフォーム Tシャツ。

いただいた原稿のまま引き伸ばしたけど、なんて意味なん?

オーナーさんもスタッフもみなさん濃インド人。

 

 

 

20190828165524.jpeg

店内は黒い壁とシンプルなインドのディスプレイ。いい感じ〜

キッチンだった場所を、予算をかけない施工でお店にしたんだな。

 

 

 

20190828165826.jpeg

黒が好きなんだなぁ、こんなコーデはおもしろいけど・・・

 

 

 

20190828165803.jpeg

トイレはやり過ぎじゃろ! 笑 ダースベーダー出てきそう〜

この写真で見るより、ドア開けた時のインパクトが凄いのよ。

アプローチ長っ!天井高っ!となる。

 

 

 

20190828165842.jpeg

店外、ファサードは逆にこんなにPOP、よく目立ってます。

駐車場は少ないけど、グラマーにも停めれるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

20190827095630.JPG

Grand Classique 

PATISSERIE

 

先日、ウサギヤサロンで紹介されたパティスリー、

グランクラッシックへ。

ケーキを食べたことはあっても、お店は初めて。有名だよね。

確かTVで観たのもこの春だったかな。

 

grand classique

facebook.com grandclassique

 

 

20190827095610.JPG

これはインパクトもあるけど、美味しかったね〜

カラメルの味がホンモノ。 スキルもセンスも一目瞭然。

 

 

20190827095712.JPG

 

 

 

20190827104821.JPG

スタッフに聞くと、ノワゼットやこのカカオランジュなど

チョコレートものがオススメだとか。

5種ぐらいあったので迷ったけど、定番のガトウにしてみた。

 

 

 

20190827104339.JPG

和栗モンブランもよかった、甘くないよ。

 

パッとみて、食べて思うのは全体的にちょっと安くない?

このレベルでは。 広島ってこんな価格帯なのかな。

ケーキ屋さんがどこも厳しいのはわかるけどね。

 

 

 

20190827095734.JPG

予約もののフルーツタルトが美味しそう。下に見えるタルト部分が

やっぱり違うね。

 

 

20190827095801.JPG

 

 

 

20190827095826.JPG

すご!こんなんもあるのよ〜 箱、どうしてるんだろ. 笑

 

 

20190827104320.JPG

オリジナルのショコラも充実。 写真下のシャンパンボトルや

雨後の月大吟醸の入ってるショコラなど。

 

 

 

 

 

 

20190827104502.JPG

店内はコンパクトながら、温かみと素材感のあるコーデ。

 

 

20190827104400.JPG

自家製コンフィチュールも種類が多く、気合い入れてるなぁ。

いろいろ物色して、ラスクを買って食べてたウサギヤさん。

 

 

 

20190827104523.JPG

マカロンのラスク、クロッカン、サブレなど

焼き菓子もずいぶん凝っているね。

 

 

 

 

 

 

20190827104701.JPG

オーナーパティシエの片岡さん。 TVでもお見かけする強面だけど

お菓子を見ればわかるように、繊細で気遣いのできる人。

 

実は今、私が関わってるお仕事の件で 相談にのってもらった。

快く引き受けてもらえたね。ありがたい。

 

 

 

20190827104640.JPG

その場で売り切れ中だった、焼きたてシュークリームを頂いた。

 

 

20190827104803.JPG

店頭に出ると即売するというシュークリーム。そりゃそうだろ!

食べるとね、こりゃ安すぎるよ〜と、オーナーにもう 30円の

値上げを要求しておいた. 笑 それぐらい美味しい。

シュークリームはどこも安く出さなければという、古いルール、

もうやめてほしい。買う方もね。

 

 

 

 

 

 

20190827104723.JPG

 

 

 

20190827104553.JPG

伝統の中にこそ、新しい創造が生まれる。

 

今、広島のケーキ屋さんやパン屋さんなど、全国の有名店で

修行してきた猛者たちが地元に帰り 開店している。

彼はその筆頭だろう。

 

広島のために、美味しいお菓子を作り続ける。

 

 

 

 

 

20190827104955.JPG

 

 

 

 

20190828165129.jpeg

お盆の島帰り。

今年はちょっと都合が合わず、台風も重なって遅くなってしまった。

台風のせいで、帰省してた人もとっくに帰り盆らしくない、

いつもの島だった。

 

 

 

20190828165112.jpeg

急な坂道をゼェゼェと上がり、お墓参り。

待たしたね、やっと来たよ。 ここからの眺めは

30年も 40年も経つけど、あまり変わってないね。

 

 

 

 

20190828165227.jpeg

そしてトンボ帰り。

親父も亡くなったので、島の実家に長居は禁物。

 

 

 

 

20190828165332.jpeg

 

 

 

 

20190828165304.jpeg

じゃ、また帰る日まで。。。

 

 

 

 

20190828164946.jpg

今年のお盆休みは長い。仕事やそれ絡みのイベント以外、予定も

入れてないので、丸一日なんもない休日があったりする。

今年も猛暑厳しく、ずっと35度以上続く。

朝から畑で水やり、ヘタに作業でもしてると泳いできたみたいに

汗で全身ずぶ濡れに。笑えない。。。

 

なんとか唐辛子と、イタリアンパセリとバジルを収穫し、

勝手に生えて雑草化してるルッコラも採り放題。

唐辛子は柚子胡椒用で冷凍ストック。イタパセも冷凍保存。

 

 

 

20190828165006.jpeg

そんなこんなで ダラダラしてるとすぐお昼。

なに食べようか冷蔵庫見ても これといってないし、カップ麺か

インスタントラーメンか、ソーメンとか。となると

やっぱりパスタか。あら、久しぶりにショートパスタがあるな、

ペンネにしよう〜 となった。

 

いったい いつのベーコン?とウインナー、先ほどのバジルに

ルッコラと玉ねぎで、見た目よりこってりアーリオに。

これが我ながら なかなか美味しい・・・

 

バイトで教わってもう30年。

自分で作って、未だに自分で美味いと思えるという、幸せ。

当時ていねいに、料理も遊びも いろいろと教えてくれた

今は亡き先輩に感謝しよう。

 

 

 

 

 

20190810152906.JPG

じ味 

一 歩

某料理人と行く 食の勉強会。もともとは、ある広島イタリアン店を

捜索する相談から始まった会なんだけど. 笑   

今回は和食、しかも待ちわびていた開店です。

写真はタコと干瓢、蕗がアクセントになっている。

 

 

20190810152956.JPG

柔らかい玉子焼き?の上にワカメ、アスパラに青柚子の出汁。

初めて食べる味わいと食感。

 

 

 

 

20190810153028.JPG

カウンターから見る、なつかしい一歩さん。 山人の頃は

メガネのイメージなかったけど、それにちょっと

職人の風格が見えて、別人みたい。もともと童顔だったからか

これが本来の一歩さんなんだね。

 

 

 

20190810153045.JPG

マナガツオを刺身と藁焼きの炙りで、夕顔にのせて。

優しく美味しい。

 

 

20190810153011.JPG

オーガニックジンジャーエール。

 

 

 

20190810153120.JPG

焼き魚はイサキ、焼きなす添えて。器もいいね。

 

 

 

 

20190810153136.JPG

一歩流、フライドポテト. 笑 品種はインカのめざめだったかな?

頂いたものを揚げてみたら、1番美味しかったという店主。

そりゃそうだが. 笑

 

 

 

20190810153155.JPG

山椒の香りを纏う豚の角煮と、このトマトも煮ていて美味しい。

 

 

 

20190810153222.JPG

手摘みの山椒ジンソーダ。

 

 

 

20190810153304.JPG

メインは揚げ物、これ魚なんだったけ、タチ? 忘れた. 笑

野性味濃い人参が印象強くて。と言い訳して。

 

 

 

 

 

 

 

20190810153239.JPG

この日はちょうど空いていたらしい。

オープンして連日の忙しさから、やっと一息入れてる一歩さんと

楽しく話しながら、出てくる皿を楽しみにしている。

有識者の某料理人と相談しながら、調理法もアレンジ変えたりと

なにかと実験的な食卓になっていた。

 

 

 

20190810153322.JPG

〆は穴子とささげ豆の炊き込みご飯。

 

 

 

20190810153349.JPG

こんな田舎風の混ぜご飯が好きなんですと店主。

この手前味噌がまた好みのタイプ、 美味しいなぁ・・・

 

 

 

 

20190823123124.JPG

デザートはピオーネのシャーベット。これまた絶品だったね。

ご馳走様でした。

 

 

 

20190810153518.jpg

一歩さんと話をしたのは kantyukyoで集まった時以来。

山人を辞められてから、この開店を待ちわびてた人は

少なくないだろう。

 

今年は先日の 宮島口食堂つむぐの開店もあり、これで

悠然いしおかと続き、あの当時の山人 若手イケメン三人が

広島で開業したことになる。

(石岡さんをイケメンというのは 逆に失礼だな. 笑)

 

これほど尖がってる板さんが、3人も同じ板場にいたこと。

人気店ではよくある話だけど、やっぱり山人、山平さんの器だろう。

 

 

 

 

20190810153405.JPG

URAKATA design

壁はグレーで塗りっぱなし、スタイリッシュな内装はさすがの

ウラカタ・刈内さん。いつもながら いい仕事するな〜

 

urakatablog.blogspot.com

 

 

 

20190810153422.JPG

 

 

 

20190810153441.JPG

センターキッチンだけど、普通はしない動線になっている。

おもしろい、店主もデザイナーもチャレンジャーだ。

 

 

 

 

20190810153553.jpg

問題はここだ. 笑 賛否あるところだけど、

まぁ広島市内の Blackhole。

直接聞いたので、一歩さんの意気込みは理解できた。でもね. 笑

 

他にも気になるお店があったし、繋がりもできたので

一度、探検に行かなくちゃね。

誰か詳しい人、ナビ願います. 笑(マジで)

 

 

 

 

 

 

 

 

20190810152315.JPG

GOLDEN GARDEN

in Hiroshima WORLD BEER  Pub & Kitchen

facebook.com goldengarden

 

20190810152332.JPG

久々のゴールデンガーデンへ、いつものナル姐さん会ではなく

ちゃんとビールも呑みましたよ。 料理はまず

メキシカンポテトサラダ、これは鶏肉ときゅうりの梅マリネ〜

ここの料理はすべてビールとの相性が優先されている、文句なし!

 

 

20190810152256.JPG

それにしてもこの

ビールが美味しかった〜〜〜

初めて飲んだ感じ、どこのクラフトビールだろ〜 美味い。

なんか新種のシャンパンみたい、とてもフルーティであり、苦みと

スッキリ感もバランスがよくてハンパない。

 

酒は親父譲りの遺伝子か、いくらでも飲めるけど、

昔から(高校生の頃から.笑)ビールの味がわからない。

お子ちゃまなのよ〜   舌が。 

わからないというか、ビールで酔ったことがない。

炭酸で腹がふくれるだけでぜんぜん酔えない。

もちろん夏に飲む喉越しとか、キレとかはわかるつもりだけど。

 

さすが GG! 今、クラフトビールが進化しているわけだ、

極めればやはり奥深いんだなぁ。

 

ちなみにこのビールのブルワリーは日本人オーナーだけど、

ベルギーで醸造してるとか。

HP見てもコンセプト読んだだけでシビれますよ〜 

 

初陣・柚子ブロンド riobrewing.jp

 

 

 

20190810152350.JPG

鶏じゃがジェノベーゼ。たっぷり手羽元にじゃがいもとバジル、

でもノーマルなイタリアンじゃない美味しさ。

香辛料の利かせ方が個性的で、GGのシェフはナル姐さん曰く

「 スパイスの魔術師 」だとか。

 

 

 

 

20190810152501.JPG

そしてめちゃ美味しかったのがこの、麻婆ラム肉豆腐!

ラムと麻婆豆腐のコンビネーション、まじヤバイ。

この皿の横におこげがあり 乗せて食べるんだけど、これ中華?

見た目を裏切る味わい、まさにフュージョンですよ〜

もちろんビールとの相性が命、ボリューム・プライスもバッチリ!

これはぜひもう一回、食べたい。。。

 

 

 

20190810152622.jpeg

快食. com

xiaohei

この日はそうです シャオヘイさんと、先日のリベンジのため

GGをナル姐さん込みで予約してもらいました〜

このお 2人とセットで逢うのがとても楽しみだったよ〜

もうね、やっぱり飲食業界ネタが止まらない. 笑

何を聞いても 2人が的確に答えてくれるし、やりとりの

リズムが心地い〜い。

 

 

20190810152712.jpeg

熱狂のお好み焼

そしてやっとシャオさんから直々にGETしました。

サイン入りですよ〜 これは お盆にじっくり読めます。

 

 

 

 

20190810152419.JPG

今日は 8.6、広島は原爆の日だ。

じつは昨日、敬愛する先輩の訃報が届き 落ち込んだいた。

ここに来るまでの 1日中、モヤモヤしていて やるせなかった。

 

 

久しぶりのナル姐さんにそのことを話すと

とてもあたたかい「 答え」をいただき、ハッとさせられたし

心からスッキリした。そうかもしれないと。

故人との思い出や、感謝の気持ちがいっぱいになった。

ありがとう。。。

 

 

明日はお葬式。

ちゃんとお別れしなくちゃね。