チユリア・マリークリスタ美容液

Logo / Package Design Coordinate

20180811171831-a72b6546e2acec2b7a926ae9348adaa8f027b4d7.jpg

CHIYUREA

MARRY  CRYSTA

漢方の千幸堂プロデュースのコスメブランド。 2018

ブランドネーミング、ロゴとパッケージデザインまで。

 

 

 

278A1975.JPG

THE OUTLETS  HIROSHIMA

ジアウトレット広島・1F のフードコートとトレインひろば他、

壁面ペイント。2018

 

 

278A2084.JPG  278A2079.JPG

デニム・木工製品・日本酒・レモン・牡蠣といった、広島の特産品を

モチーフにデザインされている。これらは全てクライアントである、

広告デザイン会社がデザインしたものをペイント。

絵図屋としてはデザインなし、ペイントのみの大仕事になった。

 

278A2082.JPG

 

 

IMG_6159.jpg

タッチが大胆にカスれるよう指示されたけど、下地がキレイすぎて

うまくカスれない。今までやってきた飲食店などと違い、

大型商業施設のパブリックスペースだから 制限も多く難しい。

 

 

278A2077.JPG

 

 

278A2085.JPG

1つのイラストが 高さ2mほどある、それを7面ペイント。

 

 

278A2075.JPG

 

 

278A2074.JPG

 

 

 

 

278A2056.JPG

 

 

278A2059.JPG

 

 

278A1999.JPG

原爆ドーム・広島城・宮島・マツダスタジアム。ベタな広島(笑)

 

 

278A2004.JPG

 

 

278A1988.JPG

上記のイラストもだけど、やはり他者がデザインしたものを

ペイントするのって、意外な難しさもあった。

常に自らデザインして施工・描いてきたので、今回はいろんな意味で

いいスキルになった。

 

 

278A2063.JPG

 

 

 

 

 

278A1986.JPG

ここからファミリー向けのベンチシートコーナーになる。

 

278A2007.JPG

 

 

278A2009.JPG

昨年の流行、ブラックボードペイント風(黒板アート)デザイン。

これももちろん消防法上、本物の黒板など貼れないので、

難燃素材のシートを貼ってから そこにトレースペイント。

 

278A1978.JPG

 

 

278A1984.JPG

 

 

IMG_8011.jpg

オープンから1ヶ月〜 ペイントしてから3ヶ月、ようやく

お目にかかれた(笑)

 

278A3986.JPG

人が入るとさほど目立たないというか、ちょっと地味だね。

 

 

 

 

 

278A2043.JPG

トレインひろばペイント。 Before

 

 

278A2045.JPG

当初は白でペイント予定だったが、壁面の色も変わりグリーンに。

ある意味フードコートのペイントより、これが厄介ものだった。

白い壁、低く触れる位置、想定内だけどね。

 

278A3963.JPG

after 出来てみてびっくり!なるほどです。

 

278A3979.JPG

 

 

278A3975.JPG

 

 

278A3977.JPG

 

 

278A3983.JPG

 

 

278A3964.JPG

 

 

 

 

 

278A3989.JPG

DORTMUND ➡︎ HIROSHIMA

ドルトムント電車の裏側壁面ペイント。

 

278A2033.JPG

元はトランヴェールエクスプレス。 

広電からイオンへ譲渡された ドイツの名車両、あれでも10年ぐらいは

走っていただろうか。

乗ったことはないけど、インパクトのある独特のデザイン。

 

 

278A2028.JPG

その車窓から見えるレンガの壁面にこの大型サインをペイント。

でも車両内には入れず、イベントでもない限り 立ち入り禁止だろう。

幻のペイントとなったかな(笑)

 

 

 

オオノ開發 NEW環境展 2018

Exhibition booth Design Coordinate   

20180712165037-6132d1b8d7743869f8a82e463ff0a5dc245037b4.jpg

オオノ開發(株)NEW 環境展ブースデザインコーディネート。

東京ビッグサイトにて 2018

設計デザイン・ハンドミーダウン Hand Me Down

 

 

20180712165207-b1f59e1020124ebf694f307f339409b7b0d0c6de.jpg

2016・2017年までの2回は WOODPRO足場板を全面に出した、

ブースそのものが使用後もリユースできるよう、設計していた。

今回 2018年は足場板を使わないデザインに決定した。

 

 

20180712164822-072575e1363dee8467f14391690bdaf4c152eba1.jpg

新しく稼働する新工場を空撮して、ブース前面パネルにレイアウト。

 

 

20180712165917-5df378951c54f328b8d3d91d6192023006867f5f.jpg

 

 

 

20180712165618-db69d757aeecdfa39f30c81d8516f43e9d2f5f39.jpg

RIOVE

今回も撮影はリオーヴ・川本晃司氏に依頼した。

外観もまた写真展のように展開、でも昨年とはまた違う迫力。

 

 

 

20180712165439-be4a35ea9aff27eab321ca6e89f5da4d16257d0f.jpg

ブース背面より。

 

 

20180712165144-ea8dd24003fff8e56dc622617b58a3313ba8cc04.jpg

 

 

20180712165412-d3badb17c1944bba03b8b8caaef6b52a68fdcfd4.jpg

 

 

20180712171532-5a3001254f04d48d04815285fecb0412c8b30109.jpg

 

 

20180712164758-1ec5081522eb42526c03f64e7be80f37bf2e8a8b.jpg

 

 

20180712170213-d8e6ba4b6bf11b5df6867db501c43b5aef655b2b.jpg

昨年同様、川本氏の写真が冴えるブースになった。

 

 

 

 

20180712165254-f8be889fced3eca81e8f4e50766fae0b174a6c3d.jpg

ブース内を3分割して、仕切り壁面全てにパネル展示している。

出入り口は 1箇所しかなく、あえて動線は作らず 自由に見てもらう。

 

20180712165316-78118b144a6ebbcce99b9cec49facc2d1fdd2533.jpg

 

 

20180712165726-a11cb05caaf97f3ac6bb64e72f9e3b146f16482c.jpg

 

 

20180712165351-03510ab9216308c3869c7731d3c1f4e44ed06233.jpg

商談スペースは昨年より4席増やし、12席に。

各テーブル間にも仕切り壁を立てた。

 

 

20180712171455-5a7e272bee4f1b0848bae66076e733204aad5570.jpg

 

 

20180712165856-616a33417dbfb424957ad9d9fbcb05cd0dfb17cc.jpg

3年連続でデザイン・施工させていただいたオオノ開發のブース。

仕事としては今回で終了となった。

 

 

 

20180712165515-2e878858426cb856c52f6ee4629933688b0bbf60.jpg

ps オオノ開發ブースのすぐ奥には、他社のブース内に

  最新のドイツ製トレーラーコンテナが展示していた。

  先月マーキングしたばかりのオオノバージョン、粋だね。

 

20180712170328-35a2e013fa7c6e375663cdc57d9d0e109dfee55c.jpg

 

 

 

メガネの田中 楽々園店

Design・Paint Coordinate

278A2245.JPG

メガネの田中 楽々園店 店舗改装にて階段アプローチ壁面ペイント。

2018

 

278A2306.JPG

 

 

278A2293.JPG

アルファベットをクラッシックなアナログ書体から選んで

デザインした。頭文字になる動物やモチーフをイラストにして

カラフルに、たのしくなるように配置。

 

 

278A2288.JPG

CATの左横のランドルト環は、実際に視力検査もできるように

基準に合わせてペイントしてある。

店舗設計デザイナーの 遊びごころだろう。

 

278A2252.JPG

左から視力 1・0.7・ 0.1 となっている。

 

278A2280.JPG

壁面から5m 離れた、この位置で計測できる。

他にも色弱検査ができるイラストも3ヶ所ペイントしてある。

 

 

 

278A2241.JPG

 

 

 

278A2256.JPG

 

 

278A2286.JPG

 

 

278A2298.JPG

 

 

278A2304.JPG

ラストに描いたメガネの横には、30年前にある代理店で

田中のお仕事をさせてもらった時の、感謝を込めて・・・

 

「 TANAKA glasses   since  1913 」 

 

 

展示会ブースデザイン集に掲載。

Creative Exhibition Booth 2017

278A3607.JPG

Creative Exhibition Booth

昨年の NEW環境展に出展した オオノ開發(株)のブースが

「日本で唯一の展示会ブースデザイン集」に掲載。

http://www.ezuyalan.com/

 

 

278A3608.JPG

 

 

278A3615.JPG

 

 

 

韓味家 hanmiga 2

Design・Paint Coordinate

20180529173040-374895495581c12f345fc5c923f4bd837e2d1d62.jpg

韓味家(ハンミガ)壁画ペイント。

人気の韓国料理店の2号店開店。韓国の伝統的な虎図と、古くから門に貼る四文字熟語をアレンジ。

 

 

 

20180529173040-16a12d56c876345ec836476bf1517ce667d61e44.jpg

 

 

 

20180529173040-40a7a4b3ed2603910617e61c852bd7077a781434.jpg

EZU DESIGN   現場 blogにて。

 

 

オオノ開發 キャラクター

Character Design Coordinate

ohno illust.jpg

オオノ開發 マスコットキャラクター「 オオノくん 」デザイン 2017

 

 

278A0242.JPG

 

 

278A0246.JPG複合処理施設 フレップとうおんのガスタンクにて。

 

 

278A0660.JPG

 

 

278A3570.JPG

 

 

 

278A2111.JPG

オオノくんより先に採用されていた、重機くん2台。

この文房具セットは 工場見学された小学生へ記念品として。

 

 

278A2121.JPG

 

 

 

 

278A3593.JPG

長距離ドライバー休憩室と建屋コーナーサインのリニューアル。

 

 

278A0253.JPG   278A0247.JPG

新しい仲間、ホイールローダーくん(上)とスーパーモービルくん(中)

 

 

278A1498.JPG

ジェットパックの旧車両を、オオノくんでリニューアルデザイン。

 

 

IMG_0043.jpg

 

 

 

278A1491.JPG

 

 

 

オオノ開發 ノベルティ

Cup Noodle Package Design

278A8916.JPG

オオノ開發(株)ノベルティのシーフードラーメン。

パッケージデザイン。 2017

 

 

 

278A8905.JPG

日清食品製。中身はシーフードヌードルがベースの ちゃんぽん麺で、10万食製造。

 

 

278A8852.JPG

昨年は オオノ開發創業 50周年を迎え、社長が交代。 

会長と二代目社長の似顔絵でパロディなデザインにした。

この船も会長のグランドバンクスで、船名ロゴもデザインしている。

 

 

278A8890.JPG

フタには新しいキャラクター「オオノ重機ゆるキャラ」が登場。

児童見学用の記念品として作った、文房具セットと同じデザイン。

 

 

278A8855.JPG

こちらが 2016年版 オオノ開發 50周年記念のカレーラーメン。

ベースは日清カレーヌードル、上記と比べると 大人しいデザイン。

 

 

IMG_77731.JPG

 

 

 

278A0979.JPG

オオノ開發(株)前回の重機類デザインから

2017年に納車された重機よりセレクト。

 

 

278A0961.JPG

CAT 352F

キャタピラー社製パワーショベル

 

278A0972.JPG

 

 

278A0982.JPG

 

 

278A0987.JPG

 

 

 

 

 

278A1233.JPG

KOMATSU  450P

コマツカスタマーサポート社・パワーショベル。

 

278A1238.JPG

 

 

278A1205.JPG

 

 

278A1247.JPG

 

 

278A1253.JPG

「 マテラの森 」デザインのトレーラーが現場入り、瓦礫を積み込む。

 

 

278A1300.JPG

 

 

278A1304.JPG

 

 

 

 

 

278A2681.JPG

LIEBHERR  LTM1120NZ

ドイツ・リープヘル社製大型クレーン。かっこいい〜

 

20180531140459-4541f647e1581c47e9fce4dae428f42b5ec6e84d.jpg

全長は前回の LTM1800より、タイヤ4個分短くコンパクト。

でもコクピットなどは、ほぼ同じサイズ。

 

20180531140520-e929cd143b3a26c76d63b8f23ec1880d283d959d.jpg

 

 

278A2683.JPG

 

 

278A2685.JPG

 

 

 

 

 

IMG_0048.jpg

KOBELCO  SK210DLC

コベルコ社・パワーショベル。

 

IMG_0047.jpg

 

 

IMG_0044.jpg

 

 

 

 

 

278A0697.JPG

KOMATSU  WA500

コマツカスタマーサポート社・ホイールローダー。

 

278A0691.JPG

 

 

278A0699.JPG

動きがエグい! 大迫力。

 

IMG_0007.jpg

KOMATSU  WA600

WA500よりさらに一回り大きな機種。写真も現場から届いた

この1枚のみ。

 

 

 

 

278A0266.JPG

KOMATSU  BR380

コマツカスタマーサポート社・破砕機。特殊なデザイン、

まるで兵器のよう。

 

278A0270.JPG

 

 

278A0272.JPG

 

 

 

 

オオノ開發 NEW 環境展 2017

Exhibition booth Design Coordinate

278A1469.JPG

オオノ開發(株)NEW 環境展ブースデザイン コーディネート。

東京ビッグサイトにて。 2017

 

WOODPRO x professional  

昨年に続き、設計デザイン・ハンドミーダウン

WOODPRO & T-plaster によるコラボプロジェクト。

hand-me-down.jp  woodpro-shop.com  rainbowsoko.com

 

 

278A1495.JPG

今回のブースはオオノ開發の処理場や工場、解体現場などで撮影した

写真をイメージパネルにして展示した。

愛媛在住のカメラマン、RIOVE( リオーヴ )川本晃司氏の作品。 

ブース外壁はすべてオオノ開發での現場写真展のように展開した。

RIOVE  photographic works

 

 

278A1497.JPG

 

 

278A1743.JPG

工事用の単管に足場板と写真。

これは 2009年のデザイナーズウイークでの

WOODPROブースからのアイデア。

縮尺した模型を作って、デザインしたのを思い出す。  

http://www.ezuyalan.com/

 

 

278A1501.JPG

 

 

278A1473.JPG

 

 

278A1551.JPG

 

 

278A1636.JPG

 

 

278A1838.JPG

 

 

278A1819.JPG

どの写真もすばらしく、人を惹きつける。 

魅入ってる人やブースの写真を撮ってる人も少なくなかった。

とても繊細に画像を処理してあり、工場のプラントや重機といった

重くなりがちなテーマをまるで神聖なもののように観せる。

 

 

278A1746.JPG

ブース内は3つのモニターをメインに、説明用パネルは

コの字型の導線にレイアウト。

 

 

278A1462.JPG

 

 

278A1514.JPG

 

 

278A1538.JPG

 

 

278A1825.JPG

 

 

278A1547.JPG

ブースのセンターに商談スペースを配置。椅子やテーブルは

「マテラの森」からリースしたもの。

 

 

278A1827.JPG

 

 

278A1560.JPG

 
 

 

278A1829.JPG

 

 

278A1715.JPG

 

 

278A1716.JPG

 

 

278A1870.JPG

 

 

278A1739.JPG

昨年のブースで作った、バッチ炉アーチの上にあった PCB ロゴ。 

 

 

278A1654.JPG

ブースの位置が会場のセンターよりにあったので

3方向から入れるようにした。

 

278A1856.JPG

 

 

278A1647.JPG

 

 

278A1875.JPG

 

 

278A1731.JPG